釣人ライフハック

防波堤・海釣り公園などで釣れる危ない魚たち

防波堤や海釣り公園は、ファミリーフィッシングの定番ポイント。とても平和なイメージです。
でも、釣り場にはやはり、いろいろな危険が潜んでいます。海に落ちる危険、釣り針がささってしまう危険。
そして、危険な魚を釣ってしまう可能性もあります。

特に初心者の多い釣り場でもありますので、初心者らしいグループなどが周りで
釣っていたら、魚が釣れた時など、危ない魚が釣れていないか、気をつけてみてあげましょう。
ただ、これも気をつけないと、一人で釣っている怪しげなおっさんが、ジロジロと子どもたちの様子をうかがっているといって、通報されてしまう危険もあります。

触ってはいけない魚も結構釣れる!防波堤、海釣り公園で釣れるヤバイ魚

250px-Racehorse_Hypodytes_rubripinnis_(Temminck_and_Schlegel,_1844)
ハオコゼ

これが、危険な魚の筆頭でしょうか。理由はよく釣れるから。そして、ガシラなどによく似ているから。
小さくてかわいい魚ですが、触ると大変。ひれに毒があります。

Aigo
アイゴ

こちらも、定番の危ない魚。やはりひれに毒があります。ただ、こちらの魚は食べると美味しいので、注意してひれを切り取って持ち帰る人もいます。

Chloeia_flava
ウミケムシ

投げ釣りなどでつれてくるウミケムシ。見た目がそもそも怖いので、触る人はいないと思いますが、針に毒があります。

1280px-Image-Striped_eel_catfish2
ゴンズイ

夜釣りでよく釣れます。こちらもひれに毒があります。

ミノカサゴ

見た目が美しい魚ですが、やはり毒があります。

ここに挙げた魚以外にも、釣りの人気ターゲットであるメバルはヒレがとがっていて、指にささります。ささると弱い毒があり、
結構ジクジク痛みます。また、太刀魚も、その歯の鋭さから危険な魚といえるでしょう。

知らない魚には触らないようにする。さわらなくてもいいように
魚つかみは必ず持参する。

とりあえず、知らない魚が釣れたら、不用意に触らずに、周囲の人に聞いてみましょう。
周りに詳しい人がいない場合は、絶対に直接手で触らないことが大切です。
そういう意味でも魚つかみは必需品ですね。

危険な魚に気をつけて、安全に楽しく釣りをしましょう!

 

画像出展:ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/

関連記事

  1. 旬の魚を美味しくいただく! 食べるために狙う季節限定の釣りターゲ…
  2. よく似た魚の見分け方 1 マアジとマルアジ
  3. 鮮度を保つ釣り場での魚のキープの仕方
  4. 最後のチャンス!?雑賀崎漁港でアユの子供、稚アユを釣ってみた!
  5. よく似た魚の見分け方 2 アイナメとクジメ
  6. これだけは知っておきたい釣りと潮の関係
  7. よく似た魚の見分け方 3 ガシラとよく似た魚たち
  8. 船釣りしたいのに船酔いが心配で・・・という人は一度は読んでおこう…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP