阪神

釣り初心者脱出!! 渡船で明石一文字防波堤に渡る!!

体験してみたいけど、、、
最初の一歩が踏み出しにくい「船」を利用する釣り

DSCF1007
釣りは気軽なレジャーです。カンタンな釣具セットなんかも売っているので、ちょっと海水浴のついでにできたりするので、誰しも1回くらいは釣りをしたことがあるかもしれません。そこから釣りにはまっても、防波堤や砂浜、海釣り公園など釣りができる場所はいろいろあるし、釣り方も、エサにルアーに様々で、それぞれに奥が深いので、いくらでも遊べます。
でも、もう一歩踏み込んでみようとすると、そこにはちょっとした壁があるかもしれません。
たとえば磯の釣りや船の釣りなどでは、防波堤や釣り公園からは釣るのが難しいような、あるいは絶対釣れない様な魚が釣れたりします。沖の一文字防波堤でも、岸続きの防波堤より釣り人が少ないので、釣りやすかったり、大きな魚が釣れたりします。でもどれも船に乗ったりしないといけないので、初めての時はどうしていいかわからないかもしれません。
今回は、そんな釣りの中でも一番気軽な釣りとして、沖の一文字防波堤を紹介します。

交通の便も良く、とってもリーズナブル!「明石一文字」の渡船

DSCF1018DSCF1017
今回の釣り場は「明石一文字防波堤」。
ここは、沖というほどの距離ではなくて、ほとんど地続きの防波堤と変わらない程、岸から近いところにあります。それでも渡船で渡る必要があるので、釣り人は少なくて釣りやすいです。内向きはテトラもなく、釣りやすいですし、外向きはテトラが入っているので釣りにくいですが、その分、大物が狙えます。メバルにガシラ、アオリイカ、カレイなどが釣れます。他にもアジ、イワシ、スズキ、サンバソウ、イシガキダイ、アナゴ、カワハギ、アコウ、ヒラメが釣れているのを見たことがあります。

道具はいつもの防波堤釣りと一緒でOK。
ただし、ライフジャケットは必須。さらに友達など複数での渡船がおすすめ。

まずは、準備するもの。道具類はいつもの防波堤釣りの道具と一緒でいいです。これは地続きの防波堤でも一緒ですが、ライフジャケットは必ず着用しましょう。沖の防波堤には手すりなどありません。一歩足を踏み外したら海に落ちてしまいます。海に落ちてしまったら、たとえ夏であっても、命に関わります。冬ならなおさらです。浜辺と違って切り立ったコンクリートですから、簡単に這い上がる事はできません。
安全面を考えて、友だちと複数人での釣行を心がけましょう。
どうしても一人で行くなら、他の客がいるかどうかを渡船店に確認しましょう。いるようなら、その人たちの近くで釣るようにします。

渡船は時間厳守で15分前行動を。

IMG_0465
明石一文字へは「明石釣りエサセンター」さんの渡船で渡ります。いつも質のいいエサを扱っておられます。渡船の料金も、激安の1000円。まあ、一文字までの距離がかなり近いんですが。
さて、できれば事前に予約を入れて、店に着いたら「6時に渡船お願いします。」といえばOK。料金を前払いして、申込書に記入します。この時に迎えの船の希望時間も記入します。通常、渡船等は10分前行動くらいかもしれませんが、こちらは念のため15分前行動をおすすめします。5時、6時など毎時00分出船ですが、ちょうどになんか出ません。だいたい10から15分前に出てしまいます。予約を入れた上で、20分前に到着し、申込書に記入。エサを仕入れてゆっくりと出船を待ちましょう。

船着場は2箇所。店の横にもう一軒、エサ屋さんがありますが、そのとなりに船着場があります。
DSCF1008
はじめての人はこちらから。実は乗り場はもう一箇所あって、通称「砂置き場」。車をここに止めて、直接船に乗り込むこともできます。
詳しくは、お店に確認してくださいね。

同船する人、隣で釣る人にひとこと「こんにちわ」。

同じ船で渡る人がいたら、「こんにちわ」と声をかけましょう。
いろいろ教えてもらえるかもしれませんし、釣り場でトラブった時にも険悪な雰囲気になりにくいでしょう。
隣で釣っている人にも声をかけた方がいいでしょう。岸の防波堤と違って隣とオマツリになるような距離で釣る事は少ないかもしれませんが、声をかけておいてマイナスなことはありません。特に一人で釣りに行く場合は、存在を知っておいてもらいましょう。

とにかく安全に釣りをすることを心掛ける。

釣り場では、とにかく慎重に行動しましょう。釣り座まわりを整頓して、すっきりとしておくことも大切です。無造作に置いているものにつまづいて、海に落ちてしまっては大変です。

帰るときもやはり、15分前行動。
早めに後片付けをはじめましょう。

DSCF1011
帰りの時間が近づいたら、15分前には船に乗れるように準備しましょう。釣りをしながら整理整頓を心掛けることで、後片付けもすばやくできます。船が着く場所は、渡って来た時と同じです。無事に岸に着くまでは、ライフジャケットを着用します。

船が着いたら、自由に解散です。船頭さんに手を振って、挨拶しましょう。
元気なら、そして十分な釣果があれば店の方に顔を出してみるのもいいでしょう。いろいろな情報が聞けるかもしれません。

どうでしょう。カンタンでしょ?休日の混雑した釣り場から脱出して、一文字に渡るのもいいものですよ!

関連記事

  1. 大阪南港魚つり公園を写真付きで≪海釣り公園レポート≫
  2. 神戸市立平磯海づり公園を写真付きで≪海釣り公園レポート≫
  3. 岬町海釣り公園とっとパーク小島を写真付きで≪海釣り公園レポート≫…
  4. 何もかも揃っていて本当に便利♪家族でもカップルでも楽しめる大阪市…
  5. エビ撒き釣りで寄ってきたアオリイカをエビで釣ってみた その2
  6. 尼崎市立魚つり公園を写真付きで≪海釣り公園レポート≫
  7. 鳴尾浜臨海公園海づり広場を写真付きで≪海釣り公園レポート≫
  8. 電車でGOフィッシング! 平磯海釣り公園に電車で行ってみた。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP