仕掛け・エサ

ボウズなし!?これで初心者脱出!意外とカンタンなエビまき釣りで狙うメバル!

これで海釣り初心者卒業?防波堤からのエビ撒き釣りに挑戦

海釣りの初心者定番の釣りと言えば、サビキ釣りが筆頭でしょう。アジやイワシがメインターゲットで、群れが回ってくれば、大漁間違い無し。誰にでもカンタンに釣れます。さらに、アジやイワシ以外の魚が釣れる事も多く、初心者やファミリーに人気の釣りです。2番人気はシンプルな仕掛けが人気の胴突き、それとも、初心者用の釣具セットなどに仕掛けが付いている事が多い投げ釣りあたりでしょうか。そんな人気の釣りに比べると、うきこウキを使った釣りは少し敷居が高い印象があります。でも実際にはそれほど難しい釣りではなく、仕掛けもシンプル。それでいて威力はバツグンなので、新しい釣りに挑戦してみたい人には超オススメの釣りです。そんなウキ釣りの中でも、防波堤から気軽に狙えるメバルをターゲットにした「エビ撒き釣り」をご紹介します。

初心者でも大丈夫!シンプルなエビ撒き釣りでメバルゲット

どんな釣りでもそうですが、究めようとすれば奥は深く、ベテランと初心者ではやっぱり腕の差がでます。いきなり名人になることはできませんが、それでも「エビ撒き釣り」で最初の1匹をゲットするのはそんなに難しくないでしょう。まずは、最初の1匹をゲットすることを目標に、シンプルに始めましょう。

初心者がエビ撒き釣りを始めるのにおすすめなのはこんなところ
エビ撒き釣りは、生きたエビを撒きエサとして撒きながら、エビをエサにして釣ります。撒くエサと針につけるエサが同じなので、警戒されにくいです。メバルは根魚と呼ばれる底付近にいる魚ですが、エサを食べるときは、結構浮いてきます。
「メバルはタナを釣れ」なんて言われます。要するにメバルのいるタナを見つけてそこを釣れ、ということです。が、難しいのでここはシンプルに考えましょう。沖の一文字など、水深が深いところは難しいので最初のうちはやめておきましょう。岸と続いている防波堤や平磯海釣り公園など、あまり水深がないところから始めるのがカンタンです。そういう釣り場を選んで、タナは2ヒロにします。ウキから針までの長さを2ヒロにしてください。しっかりエサを撒いてメバルを寄せれば、多少タナがずれていても食ってくれます。それで食ってくれないような難しい状況なら、運が悪かったと思いましょう。タナを迷って試行錯誤するよりも、しっかりエビを撒いて、エサを元気に保つ事に集中した方が、きっと釣果は上がります。2ヒロのタナならば、竿が4.5メートル以上あれば、浮きは固定でいけます。もっと深いタナを釣る場合は、どうしても遊動仕掛けが必要になってきますが、少し難しくなるので固定でいきます。

市販の仕掛けでOK!暗くなってからのことを考えて仕掛けもシンプルに
さて、仕掛けですが、もちろん市販のものを使います。今回はコレ。
tanturi_11545[1]
メバル用の仕掛けは2本針が主流ですが、暗くなってからのことを考えると、1本針の方がトラブルが少ないです。明るいうちは2本針の仕掛けを使って、暗くなってから1本針に変更するのもありです。竿は磯竿の1.5号くらい。道糸は2号くらい。浮きをつけて仕掛けを結んだら準備完了です。浮き下は2ヒロ。エビは尻尾の一番先の節にちょんと掛けます。

最初の一匹を釣るために、しっかりエビを撒きながら
餌をつけたら、エビがとれないようにソーっと仕掛けを振り込みましょう。ねらう距離は岸から竿1本分から2本分くらい。海は潮の流れがあるので、浮きが徐々に流されていくはずです。エビまき釣りは、1箇所に魚を寄せて釣る釣り方なので、竿3本分も流されたら巻き取って再度投入します。この一連の動作を繰り返しながらアタリを待ちます。ただ、このままではエビまき釣りではなくて、単なるエビを餌にしたウキ釣りです。エビを撒いて魚を寄せましょう。

初心者はこれだけおさえておけば大丈夫。エビを買ってから撒くまで
エビ撒き釣りに使うエビは、釣具店で購入します。エビの種類はシラサエビがいいでしょう。エビはエアーを送り続けないと酸欠で死んでしまいます。そこで、専用のエビクーラーにいれて、エビブク(エアーポンプ)で空気を送りながら生かして釣り場に持ち込みます。平磯海釣り公園ではシラサエビを販売しているので現地での調達が可能です。最初はどれくらいのエビを買えばいいかわからないと思いますので、エビを買うときに相談してみてください。釣り場では、エビの状態に常に気を配って元気に保つことが釣果をあげるコツです。夏場は水温が上がり過ぎないように気をつけてください。

シラサエビは普通に海に撒くと水面近くを泳ぎます。ですから撒き餌として撒く場合は、魚がいる深さまで沈んでいくように、少し弱らせてから撒きます。どのようにして弱らせるかですが、エビを撒くしゃくにエビを入れて激しくシェイクします。こうすることで、エビは一瞬目がまわって動きが鈍くなります。その状態で、しゃくのしなりを利用して、ウキを流すよりも少し潮上に撒くようにします。そうすることで食わせる餌が流れていくのと、撒き餌を同調させるのです。

餌は少しずつ頻繁に撒くように心がけましょう。2回仕掛けを流す度に、1回、5匹くらいを撒く程度でいいでしょう。

メバルは潮によって、またその日によって、いい時間帯が変わりますが、日没前後からの2時間くらいが時間帯的には良いです。餌をしっかり撒きながら、時合いを待ちます。メバルは生きたエビにしか反応しません。ですから針につけた餌のエビがつねに元気でないと釣れません。エビを元気に保つことが最大のキモといっていいでしょう。アタリがない時間が長くなると、ついつい餌をつけっぱなしにしてしまいますが、一回仕掛けを流すたびにエビが元気か確かめてください。元気がなくなっていたら、すぐに餌をつけかえましょう。これを面倒くさいとサボってしまうとメバルは食ってくれません。

アタリがあってもあわてない。じっくり待ってからあわせること
メバルのアタリははっきりと出ます。そこですぐにあわせてしまうと針がかりしないことが多いです。一気に消しこんでいくようなアタリなら大丈夫ですが、スッと入ってしばらくとまるような動きの場合は、我慢して待ちます。もう一段階ウキがはいるタイミングであわせるのがいいでしょう。

エビを元気に保って、細く長く撒き餌をしながら時合いを待つことが出来れば、最初の一匹をきっとものにできるでしょう。image2

関連記事

  1. 意外に長持ちするおがくずでエビを生かす方法
  2. アオリイカ エビ撒き釣りで寄ってきたアオリイカをエビで釣ってみた その1
  3. エビ撒き釣りで寄ってきたアオリイカをエビで釣ってみた その2
  4. 旬の魚を美味しくいただく! 食べるために狙う季節限定の釣りターゲ…
  5. 最後のチャンス!?雑賀崎漁港でアユの子供、稚アユを釣ってみた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP