海釣り公園

エビ撒き釣りで寄ってきたアオリイカをエビで釣ってみた その1

アオリイカ

10月中旬の平磯海釣り公園にやってきました。今回は、エビ撒き釣りですが、前から試してみたいと思っていた釣り方、「エビでイカを釣る」というのをサブテーマにしようと思ってやってきました。

 

エビ撒き釣りの仕掛けに一工夫で、イカが釣れるか?

夕方から夜にかけてエビ撒き釣りをしていると、明らかにイカのものと思われるアタリが出る事があります。普通のエビ撒きの仕掛けではなかなか掛けることができませんが何度も挑戦していると、たまに上手く掛かることがあります。これなら、イカが寄ってきたら、ちょっと仕掛けに工夫して釣れないかなと考えていたのです。そこで用意したのがイカの掛け針。イカが寄ってきたら、すばやく2本ある針の一つ、下の方の針を掛け針に付け替えるという計画です。

sikake

仕掛けを変更して、見事アオリイカをゲット

当日は、潮の動きが悪く、魚の気配がありません。そんな中で、エギンガーがアオリイカを釣っているのを発見。期待が高まります。すっかり日が暮れて、電気ウキの時間帯になってからしばらく、ようやく浮子にアタリがでます。ジワーと、でもあきらかに根がかりではない速さで浮子が沈んで行きます。じっくり待って合わせますが、この時点では普通のエビ撒き釣りの仕掛けなので、やはり不発。イカのアタリだと確信して、下の針を掛け針に変更します。同じ場所に投入しますが、当たりません。何度か流すと、ついにイカらしきアタリが。しっかり待って合わせると、乗りました!
サイズは小さいですがうれしい一杯。今日はここから爆釣か?

アオリイカ

 

最初に釣れた仕掛けに手を加えたばっかりに・・・

同じ仕掛けを流すのですが、一番下に掛け針があるので根がかりが頻発。そんな中でも時折、イカのアタリがあるのですが、全く乗らなくなってしまいました。なんとそのままタイムアウト。はっきり言って撃沈です。
当日は、エギンガーやアジの泳がせ釣りらしき人など、結構よくイカが釣れていました。僕もアタリは何度もあったのですが、掛けられませんでした。これはあきらかに何か問題があったと思われます。

今回の釣りの反省。次こそはアオリイカをしっかりゲット!?

今回の失敗の原因。考えられるのは、やはり仕掛け。
●一杯目を釣ってから、すぐに仕掛けを根がかりでロスト。その後、掛け針を仕掛けに結ぶ時にスナップサルカンをつけていたのですが、これが悪かったのではないかと。
●エビ撒き釣りの仕掛けを流用しているので、エダスが長過ぎたのではないか。
●エダスから掛け針までの距離が長過ぎたのではないか。
などなど、考えられる事がいくつかありました。釣っている最中に修正できれば良かったのですが、なかなか難しいですね。
次回は半端な手抜きはせずに、オリジナルの仕掛けで臨むぞと固く誓いました。

アオリイカの締め方。うまくいくと色が変わるのでわかりやすい!

イカを持ち帰るのは初めてではないのですが、今まではエギンガーさんに頼んで締めてもらっていました。今回、初めて自分で締めたのですが、それがこちら。体の半分だけ色が変わっています。イカは締めるのが成功すると、一瞬で色が変わります。これは失敗して半分だけ締められた状態。資料としては面白いですね。眉間からナイフを入れたのですが、こちらももうちょっと研究が必要なようです。ちなみに、これまた失敗して墨袋を破ってしまっています。こちらのイカは持ち帰って美味しく頂きました。

IMG_0630_2

 

釣った後のお楽しみ。イカの王様と言われるアオリイカはやっぱり美味

胴体部分は刺身で。釣った翌々日にいただきましたが、甘みがあってやわらかく、美味しかったです。
さらにゲソは、ソテーにして。これまた美味しくて、合わせ損なったアタリがますますもったいなく思えてしまいました。

IMG_0633

関連記事

  1. 神戸市立平磯海づり公園を写真付きで≪海釣り公園レポート≫
  2. 最後のチャンス!?雑賀崎漁港でアユの子供、稚アユを釣ってみた!
  3. 魚種も豊富で大物から小物まで年中楽しめる和歌山海釣り公園を写真付…
  4. 尼崎市立魚つり公園を写真付きで≪海釣り公園レポート≫
  5. 釣った魚を食べよう!!
  6. 何もかも揃っていて本当に便利♪家族でもカップルでも楽しめる大阪市…
  7. ボウズなし!?これで初心者脱出!意外とカンタンなエビまき釣りで狙…
  8. 意外に長持ちするおがくずでエビを生かす方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP