釣り

日本のベストフィッシングスポットは?

あなたの趣味は何ですか?そう質問されて「魚釣り」と答える方は意外と多いと思います。フィッシングは孤独なアクティビティだと捉えられがちですが、一度チャレンジするとその魅力に取りつかれ、何度も足を運びたくなると言います。仕事やプライベートで忙しい時は釣り堀も利用できますが、やっぱり大自然の中で魚釣りを楽しみたいものですよね。ところで、日本のベストフィッシングスポットをご存じですか?

オンラインカジノでもフィッシングゲームが大人気なのは、おそらく日本でも魚釣りファンが多いからかもしれませんね。ここでは国内で最もおすすめの美しいフィッシングスポットをご紹介します。大自然にこだましながら水面を跳ねるブラックバスニジマスを追いかける!そんな腕白な1日をお過ごしくださいね。

福島県・檜原湖

福島県にある檜原湖(ひばらこ)は、磐梯山が噴火して作られた湖沼の一つです。五色沼と並び有数の観光スポットとしても知られますが、中でも最も大きいのが檜原湖となります。檜原湖は湖岸周が31キロで、湖の中には自然が残る美しい島々が点在しています。最大水深は31mで、1年を通して春は桜、秋は紅葉、冬は真っ白に染まる雪山と、四季折々の姿を楽しませてくれます。

さて、檜原湖は口コミで大小の「バス」が釣れることが広がり、今では全国から多くのフィッシングファンが訪れます。冬には凍った湖に穴をあけてワカサギ釣りも堪能できるんですよ。その他、トラウト、ブルーギルも釣れます。ルアーフィッシングには最高の環境と言えますね。

キャンプやグルメも併せて楽しめるため、家族連れやグループにも大人気です。ロケーションの良さはもちろん、365度どこを見ても自然で埋め尽くされているため、最高の憩いの場とも言えます。都会の喧騒に飽きたら、福島県耶麻郡北塩原村にある「檜原湖」へGO!

茨城県:霞ヶ浦

フィッシングファンに魚釣りの醍醐味を聞くと「魚が餌に食いついている時、リールを引っ張って釣り上げる瞬間」と答える方が多いようです。この最高の瞬間を何度も経験できるのが茨城県霞ヶ浦です。釣り好きには定番のフィッシングスポットで、関東近郊にお住まいの方はすでに制覇しているはず!琵琶湖に次いで2番目に大きな湖である霞ヶ浦は絶好のフィッシングエリアであることは間違いありませんよ。

ここで釣れる魚はブラックバス、ナマズ、鯉、タナゴ、サヨリ、トラウト、ブルーギル、雷魚、ボラ、海老、アゼ、ワカサギ、アジと種類も豊富。季節によって釣れる魚が異なりますが、さすが淡水魚の宝庫と呼ばれるだけあって、フィッシングファンを落胆させることは少ないようです。最寄りのインターチェンジは土浦。近場には水郷の町「潮来(いたこ)」もあり、日帰り観光にもおすすめですよ。

神奈川県:芦ノ湖

国内のバスフィッシングのルーツを探るなら、神奈川県芦ノ湖へ訪れるべき!なぜなら、ここは国内で最初にブラックバスが放流されたスポットだからです。つまり、バスの聖地ということですね。しかも、芦ノ湖で釣れる魚は鱗が宝石のように輝くとか…。別荘地としても知られる豪華エリアだからこそ、高貴な光を帯びるのかもしれませんね。芦ノ湖は全国から観光客が訪れる人気避暑地でもありますが、フィッシングスポットとしてもトップクラスに入るんです。

また、芦ノ湖は日本でも有数の「遊漁管理」を徹底している湖でもあります。つまり、魚の種類や数、湖のコンディションなど釣りに適した環境を常にコントロールしているということですね。こういった好意的な背景もあり、全国から訪れるアングラーは「ここでは間違いなく釣れる!」と期待に胸を膨らませてやってきます。

ここで釣れる魚はブラックバス、ブラウントラウト、レインボートラウト、イワナ、ブルーギル、ニジマス、ヒメマス、ヤマメなどです。芦ノ湖では禁漁期間がありますので、事前に確認するようにしてくださいね。

日本全国を見てみると、数えきれないほどの優良フィッシングスポットが存在します。今回は関東圏を中心に厳選してご紹介しましたが、ご自身で穴場スポットを探すのも楽しいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP